大人だけじゃない?子供も活用したいKindle Unlimited

海外赴任に帯同した妻の英語力がUP!スモールトークに役立つ教材とは?

ネイティブキャンプでスモールトークへの苦手意識をなくそう!
  • URLをコピーしました!

※当サイトはアフェリエイト・Google AdSenseによる広告を掲載しており、その利益をサイト運営に使用しています。

アメリカに住んでいると、スモールトークをする機会が多いのですが…、

スモールトークが苦手で何度落ち込んだことか(涙)。

そこで『スモールトークは苦手!!』を克服するために、ネイティブキャンプで色んな教材を試した結果、役に立ったと思う教材がありました。

この記事では、海外赴任に帯同した私の英語力がUPしたネイティブキャンプ教材をご紹介します。

\7日間の無料トライアルでネイティブキャンプを始めてみる/

目次から飛ぶ

海外赴任に帯同した妻の英語問題は『スモールトーク!!』

スモールトークとは、ちょっとした雑談のことです。

初めて会う人、知り合い、誰とでも起こりうる、ちょっとしたおしゃべりです。

ちょっとしたスモールトークのイメージ図。
スモールトークのイメージ図

例えば、アメリカで子育て中のママに起こり得るシチュエーションは、こんな場面ではないでしょうか。

  • 子供のクラスメートの誕生会
  • バスストップでスクールバスを待っているとき
  • 保護者面談の冒頭など
  • 公園でプレイデートするとき

実はこんな場面のスモールトークが意外と重要だったりするんです!

アメリカの小学生は一人で出歩かないので、お友達が出来たとしても、保護者同士が連絡を取り合わなければプレイデートが実現できません。

親がお友達の保護者と知り合いになり、連絡先を交換する必要があるんです。

しどろもどろ一緒懸命に英語で話してると、にこやかに我慢強く付き合ってくれる方もいれば、話しても楽しくないと感じたのか、そっと離れていってしまう方も…。

落ち込んだことが何度もあります涙

何度も落ち込んだ経験から、『スモールトークが苦手!』を克服したくて、ネイティブキャンプの色んな教材をお試ししてみたんです。

ちなみに、オンライン英会話「ネイティブキャンプ」で2021年から英語学習をしています♪

海外赴任に帯同した妻の英語力がUP!スモールトークに役立つ教材とは?

ネイティブキャンプのトップページより。
参照:https://nativecamp.net/

ネイティブキャンプには子供や初心者向けの教材から、ビジネス英語、TOEIC®L&R TEST対策、発音トレーニングなど、豊富な教材が用意されています。

ですが、こんな問題が・・。

教材がありすぎて、スモールトークに役立つ教材がわからない!

そこで、沢山ある教材を色々試した結果、

私が個人的にアメリカ生活で役に立ったなと思う教材が「デイリーニュース」だったんです。

『スモールトークの苦手克服!』に役立つデイリーニュースとは

ネイティブキャンプのデイリーニュース教材のトップ画面です。
参照:https://nativecamp.net/textbook/daily_news

デイリーニュースは、ネイティブキャンプのユーザーのなかでも人気のある教材です。

その名の通り、最近のニュース記事をベースにした教材です。

毎日新しい記事が2~3本更新され、そのカテゴリーは、経済、テクノロジー、スポーツ、健康、アート、旅行など幅広く、様々なトピックを扱っています。

ちなみにニュース記事は、自分で好きな記事を選ぶことができます。

おすすめポイント
・ボキャブラリーが増える
・考えを簡潔にまとめる訓練ができる
・レベル分けされているので、自分のレベルに合わせた題材が選べる

スモールトークで無難な話題は、天気ですよね。

でも、それだけでは場が持ちません。

子供や家族について、バケーションなどに加え、最新のニュースなどもカバーできたら、話せる話題がぐっと広がります。

またニュース記事に関連したディスカッションの時間もあるので、考えを簡潔にまとめる訓練ができます。

ちなみに、デイリーニュースには、level 4・5、level 6・7、level 8・9の3つのレベルが用意されています。

事前に記事を確認したり、いくつか教材を試してみながら、自分に合うレベルを見つけていきましょう。

\7日間の無料トライアルでデイリーニュースを試してみる/

参考: デイリーニュースについて|ネイティブキャンプ

デイリーニュースのレッスン内容

ネイティブキャンプのデイリーニュースは以下の3つの部分で構成されています。

Words and Phrases
  • ニュース記事の文中で使用されている単語や表現を学習します。
Comprehension
  • ニュース記事をリスニングし、本文に関する問題に答えます。
  • ニュース記事を声に出して読むRead outがあり、間違った発音やアクセントがあれば講師が指導してくれます。
Discussion
  • ニュース記事に関連した6つの質問に対し、自分の考えを述べていきます。

YesかNoで答える質問や、2択の質問が多めですが、「なぜそう考えるのか」を簡潔に答える練習をしていきます。

Review

新しく学習した単語や、レッスン中に新たに習った言い回しなどのほか、発音ミスがあった単語などを復習し、レッスンは終了となります。

参考: デイリーニュースについて|ネイティブキャンプ

レッスンを受ける際に注意したいこと

ネイティブキャンプのデイリーニュースを続けてきた経験から、レッスンを受ける際に注意しておきたいとポイントを2つシェアします。

  1. 慣れないうちは、記事とディスカッション内容をレッスン前にチェックする
  2. 積極的に文法の間違いなどを指摘してくれる先生を選ぶ

慣れないうちは、記事とディスカッション内容をレッスン前にチェックする

最初のうちは、ボキャブラリーも少なく、自分の意見を言うのが苦手で、ディスカッションにもなりませんでした(涙)。

そこで、ディスカッションで答えることを書き起こしておいたり、単語を調べておいたりしていました。

またディスカッションで使う定型文を覚えたりもしました。

ディスカッションに不慣れなうちは、事前に質問をチェックして、自分なりの答えを考えておくことをおすすめします。

積極的に文法の間違いなどを指摘してくれる先生を選ぶ

講師の選び方にも注意しましょう。

せっかく回答したのに、間違いや意見に対する回答が全くない講師もいます。

学習に繋がらないので、ディスカッションの際、文法や発音などの指摘を積極的にしてくれる講師とレッスンしましょう。

各講師のページには、以下の画像のような欄がありますので、「間違いを訂正してくれる」の数が多い講師がおすすめです。

とある講師ページの評価部分の写真。
ネイティブキャンプの講師画面よりお借りした画像です。

またユーザーからのコメントに「正しい言い方をタイプしてくれる」や「間違いの指摘が適格」、「深い話ができた」などのコメントがある講師を選んでみるのもいいかもしれません。

デイリーニュースがスモールトークに役立ったエピソード

実際に私がデイリーニュースでの学習が役に立ったエピソードをご紹介します。

「Krispy Kreme Drops Doughnut Prices to Counteract High Gas Prices
(クリスピークリーム、ガソリン価格高騰に対抗してドーナツ価格を引き下げる)」という記事を学習しました。

内容は、今年4月13日から5月4日まで、毎週水曜日にオリジナルのグレーズド・ドーナツ1箱をレギュラーガソリン1ガロン分の価格(通常の半額近い価格)で販売するキャンペーンについての記事でした。

私もキャンペーンを利用してドーナツをゲットするなど、馴染みのあるテーマでした。

発音や言い回しを適宜指摘してもらいつつ、講師にクリスピークリームについて熱く語りました笑。

すると後日、初めて話したアメリカ人の保護者の方とスモールトークをしたときに、ドーナツ談義でとても盛り上がることが出来たのです。

ちょうどクリスピークリームの話題になったのですが、事前に講師とレッスンで同じ会話をしたこともあり、スムーズに言葉が出て、会話がとても弾みました。

デイリーニュースでの学習が役に立った瞬間でした涙。

\早速ネイティブキャンプにトライしてみる/

海外赴任に帯同した私の英語力に役立った教材は?

その他にも、ネイティブキャンプで「スモールトーク克服」の為におすすめできる教材は2つ。

①「都道府県」でバックグラウンドを話す練習

都道府県教材のトップページ写真。
ネイティブキャンプの教材ページよりお借りした画像です。

自分の出身地についても、話題に出せるように準備しておくのに役立つ教材です。

有名な場所や食べ物、地理的位置の説明などをロールプレイとディスカッションで学習していくレッスンになっていますので、実践に役立つ表現がたくさん出てきます。

出身地以外にも、住んだことのある都道府県や、東京、京都、大阪など大都市なども押さえておくと、「東京はどんなところ~?」なんて、聞かれた時に困りません。

②「世界一周旅行」でスモールトークの質問力を鍛える

世界一周旅行教材のトップページ写真。
ネイティブキャンプの教材ページよりお借りした画像です。

有名な観光地や食べ物、文化を通して、様々な国について学べる教材です。

まずは日本をやってみましょう。

スモールトークで日本について尋ねられることは多々あるので、事前予習にはもってこいです。

またネイティブキャンプには、120か国の講師がいるので、レッスンを受ける講師の出身地を選び、地元ならではのお話しを聞いてみるのも良いですね。

このレッスンでは「質問力を上げること」を意識しました。

質問が上手になれば、スモールトークが続きやすくなりますよね。

アメリカでは、いろんな国からアメリカに来ている人と出合いますが、自分の国について知っていたり、興味を持ってくれてりしたら、喜んでくださいます。

「質問力をあげる」ことができるよう事前に色んなフレーズを用意していました。

\7日間の無料トライアルで都道府県・世界一周旅行を試してみる/

さいごに

今回は、アメリカでスモールトークに役立つネイティブキャンプのおススメ教材をご紹介しました。

最新のニュースについて学習できるデイリーニュースで、ボキャブラリーのレパートリーが増えていることを実感しています。

デイリーニュースでの学習は、これからも続ける予定です!

政治や宗教などに関連する話題など、センシティブなトッピックは避けたほうが良いので、スモールトークの際はご注意くださいね。

シェアして頂けると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アメくまのアバター アメくま 管理人

2018年から小学生とアメリカ西海岸で暮らしてます。
これまでに知ったこと、学んだことなどを活かして、アメリカでの教育や暮らしに役立つ情報を発信中です。
お仕事の依頼・ご質問は「お問合せ」まで。

目次から飛ぶ