夏休みに子どもを読書好きに!自宅で読みたい本を自由に選ぼう!

ピックルボールのパドル(ラケット)の選び方は?アメリカで人気なのはどれ?

当サイトはアフェリエイト・Google AdSenseなどの広告を掲載しています。
  • URLをコピーしました!

アメリカで人気急上昇中のピックルボール(pickleball)は、テニスやバドミントン、卓球などを混ぜたようなスポーツ。

ピックルボールを始めるなら、まず必要なのがパドル(paddle)と呼ばれるラケットなんですが…

私自身、なかなかパドルが選べなかった経験が…

この記事では、ピックルボールを始めるなら知っておきたいピックルボールのパドルの選び方を紹介しています。

プレイヤー歴が長いピッカボール仲間に色々教えてもらったことをシェアしていきます!

\おすすめ記事/

目次から飛ぶ

ピックルボールを始める前に知っておきたい!パドル(ラケット)って?

ピックルボールを始めるには、まずパドルとボールが必要です。

ピックルボールは、年齢や体力に関係なく、誰でも楽しめるスポーツとして人気です。

ピックルボールを始めるなら、まずピックルボール用のラケットをゲットしましょう~!

ピックルボール用のラケットは、パドル(paddle)と呼ばれているんですが、テニスのラケットと比べてみると、大きさも違いますし、ガットもありません。

卓球のラケットを大きくしたような感じです。

ピックルボールのパドルの価格はどれくらい?

アメリカのピックルボールのパドルの価格は、50ドル以下で買えるものから、200ドルを超えるものまでさまざま。

またアメリカと日本の間でも、パドルの値段にかなりの違いがあります…。

私が通うアメリカのピッカボールグループの中で、良く見かけるパドルがこちら。

アメリカでは100ドル以下で買えるので、手に取る方も多いみたい。

150ドル以下で周りのプレイヤーに人気なのがコレ。

Vatic Pro
¥31,654 (2024/06/23 07:10時点 | Amazon調べ)

また、上手だなーと思う人が持っているのは、↓のような、200ドル越えのパドルです。

各メーカーから新しいラケットが続々発売されているので、パドル選びは本当に大変ですよね…。

プロ選手が使っているパドルをまとめてみたので、パドル選びの参考にしてみてくださいね。

ピックルボールのパドルの選び方は?

大きさも形も違う

お友達が使っているパドルを並べてみましたが…

パドルの形も大きさも、グリップも、なんだか違いますよね。

私もピックルボールを始めるときに迷いに迷ったのが、パドル選び!

決して安くはないパドルなので、失敗はしたくないですよね…。

ここからは、選び方のポイントを解説していきます。

①ピックルボールのパドルを発売しているメーカーは?

まずは、ピックルボールのパドルを選ぶ前に、どんなメーカーがパドルを発売しているか、まとめてみました。

実際に私がアメリカでよく見かけるメーカーです。

Engage、JOOLA、CRBNは上級者の方が使っているイメージで、お値段も200ドル前後のものが多め。

Selkirkや、Head、Franklin Sports、ONIXは、お手軽価格のものからプロ向けまで色んなパドルが揃っています。

②パドルの素材は重要!

アメリカのスポーツ用品店大手DICK'Sのピックルボールのパドルコーナー。
アメリカのスポーツ用品店大手DICK’Sに並ぶパドル

ピックルボールのパドルには、いくつか種類がありますが、大きくわけて3つ。

  • アルミ
  • グラファイト・グラスファイバー 
  • カーボンファイバー

結論から言うと、私がおすすめなのがカーボンファイバー

軽くて、頑丈で、ヒットもパワフル。

木やアルミのパドルを使わせてもらったことがありますが、ボールを打った時の感触が全然違うんです。

カーボンファイバーは、プロも使うラケットで、本格的に始めるなら、最初から使いたいラケットです。

木のパドルは、とにかく安く、カンカンという独特の音が。

だけど、耐久性がよくないうえ、若干重め。

ピックルボールのコーチの方は、木はおススメしないと仰ってました。

どの素材がいいかは、個人の好みによりますが…

グラファイト・グラスファイバー・カーボンファイバーがおすすめです。

③パドルの形・サイズや重さにも、気をつけたいポイント

パドルの形が大きいものは、打球面積が広く、楕円のものはコントロールしやすい。

パドルを選ぶ際には、形、サイズや重さにも気をつけたい。

パドルの形やサイズは、打球面積やコントロールに関わってくるので重要です!

また柄の長さも大切です。

個人的に初心者に重要だと思うのが、重さ!

重めのパドルだと、腕に負担がかかるので、特に女性には軽めがおすすめ。

先輩プレイヤーからは、8oz以下(226g)のものをおススメされ、私も8オンス未満のパドルを使っています。

ちなみに

子供用のパドル
子供用のパドル

子供向けには専用のショートパドルも販売されていますよ~。

アメリカのピックルボール仲間に流行っているパドル

Selkirkのパドル

アメリカのピックルボール仲間の間で流行っているのが、Selkirkの穴のあいたパドル。

Selkirk Vanguard Power Air Premium Pickleball Paddleという名前でアメリカのAmazonで発売されています。

空気抵抗がより少なくなり、ラケットをより早く振ることができるそう。

カーブもかけやすいという声も!

プロも使っているラケットのようです。

SelkirkのTwitterより

ピックルボールに関する記事はこちら

まとめ:ピックルボールのパドルの違いを知って、自分に合った1つを選ぼう!

この記事では、ピックルボールのパドルの選び方をまとめてみました。

パドルの素材、そして重さやサイズなどを考慮しながら、自分にあった1枚を選びましょう!

ピックルボール人口が、日本でも増えますように♪

シェアして頂けると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アメくまのアバター アメくま 管理人

2018年から小学生とアメリカ西海岸で暮らしてます。
これまでに知ったこと、学んだことなどを活かして、アメリカでの教育や暮らしに役立つ情報を発信中です。
お仕事の依頼・ご質問は「お問合せ」まで。

目次から飛ぶ