夏休みに子どもを読書好きに!自宅で読みたい本を自由に選ぼう!

ピックルボールをするなら持っておきたい「ボール」や「道具」は?

当サイトはアフェリエイト・Google AdSenseなどの広告を掲載しています。
ピックルボールをするならもっておきたい道具は?
  • URLをコピーしました!

世界的に流行の兆しがみえるピックルボール。

ピックルボールをするなら、必要なのはパドルと呼ばれるラケットとボールなんですが…

ピックルボールを更に楽しむために、持っておきたい用具がいくつかあります。

この記事では、ピックルボールをするなら持っておきたい道具やお手入れ品などを紹介していきます。

目次から飛ぶ

①公式競技用のピックルボールのボール

FlanklinのX40のパッケージ写真
私はFlanklinのX40を持っています。

まずは、ピックルボール用のボール。

パドルを購入したとき、ボールがセットになっている場合も多いですよね。

もっと数が欲しくなったり、割れてしまったりした場合、トーナメントで使うボールをゲットするのも良いかもしれません。

私が通うピックルボールクラブで、よく見かけるのがFlanklinのX40というボール↓。

USAPAに承認された直径74mm、重量26gの公式競技用ピックルボールです。

ひび割れに強く、丈夫で長持ちしやすいと言われています!

または、2023年PPAツアーの公式球だったONIXが発売しているDura Fast40も選択肢に入れても良いかもしれません。

②ピックルボールのパドルを綺麗にするパドルクリーナー

ピックルボールのパドルを綺麗にするパドルクリーナー

2つ目は、私の必需品であるパドルクリーナーをご紹介します!

アメリカでは、Pickleball Paddle Eraserと呼ばれています。

私が使っているピックルボールのパドルは、カーボンファイバー製。

カーボンのパドルを使ってプレーすると、パドルの表面にボールの繊維が白い粉のようについてしまうんです。

ごみが溜まると、スピンがかかりにくくなるし、見た目もよろしくない。

そこでカーボンファイバー向けのパドル用のクリーナーを使って、プレー後にお手入れをしています。

私が使用しているのは、こちら↓

CRBN Pickleball
¥5,119 (2024/06/18 08:27時点 | Amazon調べ)

左がパドルクリーナーを使う前の写真。

白い粉が沢山ついていますよね!

消しゴムのようにクリーナーで2,3回こすると、粉が綺麗に取れますよ~。

③ピックルボールのパドル用のエッジガードテープ

ピックルボール用のエッジテープ

ピックルボール用のエッジガードテープ。

ピックルボールのラケットって高いし、長いこと使いたいですよね。

でも、プレーしている途中に地面や床でパドルの先をこすってしまったりしませんか?

屋外コートの時に、特に地面で擦ってしまいがちです…。

そこで、パドルを買ったら、貼っておきたいのがエッジガードテープ。

上の写真のように、パドルの周りにくるっとテープを貼り付けるだけ。

しわも出来ず、簡単に綺麗に貼れましたよ~!

私が使っているのはこちら↓。

ご自身のラケットの厚さによって使うテープが変わってくるので、ご注意くださいね。

④あると便利なピックルボールグラバー

最近、よく使ってるのを見かけるのが、ピックルボールグラバー。

パドルの持ち手にシリコンでできたグラバーをつけておくと、ボールを押し付けるだけで、ボールを拾うことができる優れもの!

アメリカでは、Pickleball Ball Retrieverという名前で販売されています!

ボールを取るのに、かがむ必要がなくなるので、膝や腰を痛めている方に人気です。

私は使用していないので、写真がないのですが、↓のような商品です。

ピックルボールに関する記事

まとめ

この記事では、ピックルボールをするなら持っておきたい道具やお手入れ品などをまとめてみました。

ピックルボールをもっと楽しむために少しずつ用具をそろえていきたいですね。

シェアして頂けると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アメくまのアバター アメくま 管理人

2018年から小学生とアメリカ西海岸で暮らしてます。
これまでに知ったこと、学んだことなどを活かして、アメリカでの教育や暮らしに役立つ情報を発信中です。
お仕事の依頼・ご質問は「お問合せ」まで。

目次から飛ぶ