大人だけじゃない?子供も活用したいKindle Unlimited

「すずめの戸締まり」がアメリカで公開中!小学生でも大丈夫?

アメリカで「スズメの戸締り」をみた
  • URLをコピーしました!

※当サイトはアフェリエイト・Google AdSenseによる広告を掲載しており、その利益をサイト運営に使用しています。

日本国内では、昨年末に公開されて大きな話題になっていた新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』。

アメリカでも、2023年4月14日に映画館で公開されました。

早速、小4の子供と映画館で見てきましたよ~。

この記事では、アメリカでの上映情報、アメリカでの反応、小学生でも楽しめるかどうか、などをまとめています。

目次から飛ぶ

「すずめの戸締まり」はどんな映画なの?

ネタバレしちゃいそうだから、詳しく話せないけど、映像も音楽もストーリーも最高だったよ。

「君の名は」や「天気の子」を手掛けた新海誠監督の最新作が「すずめの戸締まり」。

どんな映画なのかは…

ずばり、予告編を見てみて!

東宝MOVIEチャンネルより

予告編の映像と音楽だけで新海ワールドに引き込まれますね!

「君の名は」の英語タイトルは、Your Nameでしたが、「すずめの戸締まり」は、SUZUME。

アメリカでは、日本語音声・英語字幕バージョンと、英語吹替バージョンの2パターンが上映されています。

「すずめの戸締まり」は、アメリカではどこで上映されているの?

上映している映画館、スケジュールなどは、地域によって異なります。

「Suzume near me」などで検索すると、お近くの上映とスケジュールを知ることができます!

ちなみに

新海誠監督による原作小説も発売されています。
小学生の子供は、映画を見た後に小説を読みたがったので、子供向けに読み仮名がついている角川つばさ文庫バージョンの小説のkindel版を購入しました。

著:新海 誠, イラスト:ちーこ
¥924 (2024/02/25 11:45時点 | Amazon調べ)
著:新海 誠
¥673 (2024/02/25 11:45時点 | Amazon調べ)

「すずめの戸締まり」のアメリカでの反応は?

2023年4月14日からアメリカの映画館でも公開中の「すずめの戸締まり」。

世界各地で大ヒットしているようですが、アメリカでの反応はどうなんでしょう?

こんなニュースが出ていました。

2170館で公開され、3日間の興収は500万ドルほど。公開規模は大きく異なるが、『君の名は。』(16)の北米での興行成績を公開4日目の月曜日に塗り替え、累計興収800万ドルほどだった『天気の子』(19)をすぐに上回る勢いだ。

参照:https://moviewalker.jp/news/article/1134066/?cms=tw

MOVIE WALKER PRESSのTwitterより

「すずめの戸締まり」を見る前に注意したいこと

すずめの戸締りを見に行く前に、一つだけ注意点が!

公式Twitterでもアナウンスされていますが、「すずめの戸締まり」には地震描写が多く含まれています!

映画『すずめの戸締まり』公式Twitterより

「すずめの戸締まり」は小学生でも大丈夫?

我が家は、小4の子供と一緒に観に行きました。

怖いシーンはなかったけど、びっくりしたシーンは沢山あったとのこと。

日本での記憶が少ない子供は、緊急地震速報を知らず、日本は地震大国なんだということを教えるきっかけになりました。

大人向けのアニメの印象が強いのか、我が家が行った上映回では、現地の方は大人ばかりで子連れの方はおらず…。

でも日本人らしき方で、我が家のようにお子さん連れの方もいらっしゃいました。

年齢やお子さんの性格にもよると思うので、事前に予告編を親が観て、検討してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、「すずめの戸締まり」には、今ではあまり使わない日本語が沢山出てきました。

なんとなく意味は掴めたようですが、後で子供から質問攻めに💦

まとめ:今なら映画館で観れるかも!?「すずめの戸締まり」を要チェック!

映画館での上映がいつまでなのかは残念ながら不明です。

ヒットしているようなので、しばらく上映があるかと思いますが、いつラインナップから外れてしまうかわかりません💦

映画館で観たい方は、お早目にスケジュールをチェックされることをお勧めします!

シェアして頂けると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アメくまのアバター アメくま 管理人

2018年から小学生とアメリカ西海岸で暮らしてます。
これまでに知ったこと、学んだことなどを活かして、アメリカでの教育や暮らしに役立つ情報を発信中です。
お仕事の依頼・ご質問は「お問合せ」まで。

目次から飛ぶ