夏休みに子どもを読書好きに!自宅で読みたい本を自由に選ぼう!

アメリカで「買ってよかった」知育玩具ランキング、作ってみた

当サイトはアフェリエイト・Google AdSenseなどの広告を掲載しています。
  • URLをコピーしました!
目次から飛ぶ

アメリカで『買ってよかった』知育玩具ベスト9

アメリカで知育玩具選びに迷ったことはありませんか?

AmazonにはLearning & Education Toysというカテゴリーがあるけれど…

沢山ありすぎて、選ぶのに困ってしまいますよね…。

この記事では、アメリカで「買ってよかったな」と感じた小学生向けの知育玩具のランキングを作ってみました。

お誕生日のプレゼント選びの参考などにも是非~。

インスタ(@uskurashinote)もやってます♪

アメリカで買ってよかった知育玩具①Connect4

我が家にあるConnect4の写真。
  • 対象年齢:6歳以上
  • プレイ人数:2人

7×6のマスの中に自分の色のコインを縦か横か、斜めに4枚並べたら勝ちという、とってもシンプルなゲーム。

なんですが、奥がとっても深い!!

先を読みつつ、相手をブロックしつつと、ハマると何度もやりたくなるゲーム。

しかも、お値段も安く、割引セール中にAmazonで6ドルくらいで購入しました。

商品は違うけど、遊び方の例はこんな感じ。

【大人も真剣】知育玩具バトル ~有隣堂しか知らない世界142~より

ハズブロ(HASBRO)
¥2,525 (2024/07/20 19:50時点 | Amazon調べ)

アメリカで買ってよかった知育玩具②Rummy Cube

  • 対象年齢:8歳以上
  • プレイ人数:2~4人

Rummy Cube(ラミィキューブ)は、数字の札を使って遊ぶゲーム。

70年以上前からプレイされているボードゲームで、色んな国で現在も販売中!もちろん、日本でも買えます!

Rummy Cubeは、手元にある数字の札で、指定された数字の組み合わせを作って、場に出していきます。

こぐま

最初に札を出し終えた人が勝ちだよ!

こぐまが8歳の時に購入しましたが、今でも家族でよく遊ぶゲームです。

Rummy Cubeのほうが、Connect4よりもルールが複雑なので、小さい子には難しいかなという点で2位にしました。

Pressman Toy
¥4,978 (2024/07/17 16:14時点 | Amazon調べ)

アメリカで買ってよかった知育玩具③Sudoku

  • 対象年齢:8歳以上
  • プレイ人数:1人

我が家が大好きな『ThinkFun(シンクファン)』が開発しているSUDOKU。

3×3の箱に、縦にも横にも同じ色が被らないようにブロックを並べていくゲームです。

このゲームは、1人でも遊べる&場所も取らないので、一人っ子のこぐまにはぴったりな知育玩具。

配置できるパターンは500,000通り以上あるので、何度も何度も繰り返し遊べるのがグッドポイント。

手を動かして、仮置きしながら、トライアンドエラーを繰り返せるのも◎です。

アメリカで買ってよかった知育玩具④Chocolate fix

  • 対象年齢:8歳以上
  • プレイ人数:1人~

ヒントを元にチョコレートを適切な場所に配置していくゲームです。

仮設を立てつつ、条件の合う配置を考えていくのですが、大人でも解くのに時間が掛かる問題も!

夢中になって遊べるのですが、問題数が40と限りがあるので、この順位にしました。

Think Funからは、論理的な思考力や問題解決力を育むためのゲームが沢山発売されています。気になる方は、以下の記事もどうぞ~。

アメリカで買ってよかった知育玩具⑤Weird But True Game

  • 対象年齢:8歳以上
  • プレイ人数:2人~5人
こぐま

一番好きなゲームだよ!

こぐまが大好きなWeird But True Gameは、ナショナル ジオグラフィック キッズのWired But Trueシリーズから生まれたボードゲーム。

生き物や歴史、地理、食べ物なんかの色んな雑学に関する問題カードに回答していきます。

対象年齢は8歳以上になっていますが、Wired But Trueシリーズが好きな子なら、8歳以下でも十分楽しめるかも?

問題数が236問と限られているので、繰り返してプレイしていくうちに答えを覚えてしまう場合も!

アメリカで買ってよかった知育玩具⑥Mega Fossil Dig Kit

  • 対象年齢:8歳以上

続いての買ってよかった知育玩具は、NATIONAL GEOGRAPHICのMega Fossil Dig Kit。

15個の本物の化石を掘り出していくキットです。

残念な点は、繰り返して遊べないこと。

掘り出すのも時間がかかるし、土で汚れるし、なかなか大変でした…。

でも、このキットがきっかけで、化石に興味を持ってくれた!ので、頑張ってやってみてよかった知育玩具です。

アメリカで買ってよかった知育玩具⑦CATAN

我が家にあるカタン
  • 対象年齢:10歳以上
  • プレイ人数:2人~4人

CATANは、子供も大人も夢中になるボードゲーム。

ルールが少し複雑で、戦略性の高いゲームなので、小学生高学年のお子さん向きですが、何度かプレイすれば低学年のお子さんでもあり。

我が家の小学生は、CATANを通じて、確率の考え方が学べたゲームです。

「カタンの開拓者たち」小学生と遊んだら確率を学べたボードゲームの記事で詳しく解説しています。

CATAN
¥2,936 (2024/07/17 12:51時点 | Amazon調べ)

アメリカで買ってよかった知育玩具⑧Buffalo Gamesのパズル

我が家にあるBuffalo Gamesのパズル
我が家にあるBuffalo Gamesのパズル

続いては、パズル!

日本でも色んなパズルが発売されていますが、アメリカでパズルを買うならBuffalo Gamesのパズルがおすすめ。

ポケモンのパズルなど、10ドルくらいで購入できるものもあるので、日本で買うより安いかも?

Buffalo Gamesのパズルについては、こちらで詳しく解説しています。

アメリカで買ってよかった知育玩具⑨Brain flakes

Brain Flakesの写真です。
  • 対象年齢:3歳以上
  • プレイ人数:1人~

低学年の頃によく遊んでいた知育玩具がBrain flakes。

ピースをつなぎ合わせて色んな形が作れるのが特徴。

Brain FlakesのYouTubeチャンネルより

おままごとの材料にしていたり、ただ並べて遊んだりと、遊び方は無限大。

500ピースで十分楽しめます。

アメリカで色んな知育玩具に触れてみよう!

せっかくアメリカにいるなら、日本では馴染みのない知育玩具に触れてみたいですよね。

今回ご紹介したアメリカで買ってよかった知育玩具は、日本で買うよりもアメリカで購入したほうが、安いものが多いです。

是非、一度試してみてはいかがでしょうか~?

日本に一時帰国される方などは、お土産などにも使えるかも!

シェアして頂けると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アメくまのアバター アメくま 管理人

2018年から小学生とアメリカ西海岸で暮らしてます。
これまでに知ったこと、学んだことなどを活かして、アメリカでの教育や暮らしに役立つ情報を発信中です。
お仕事の依頼・ご質問は「お問合せ」まで。

目次から飛ぶ