大人だけじゃない?子供も活用したいKindle Unlimited

【アメリカで手帳探し】2024年用のスケジュール帳を見つけよう!

アメリカで手帳探し!2024年用の手帳を探せ!
  • URLをコピーしました!

※当サイトはアフェリエイト・Google AdSenseによる広告を掲載しており、その利益をサイト運営に使用しています。

毎年年末に探し始めるのが、新しい手帳。

今年は日本から取り寄せた無印の手帳を使っていたのですが、来年用はアメリカでゲットしたいと思い、ただいまスケジュール帳探し真っ最中です!

アメリカでは、Planner(プランナー)と呼ばれている手帳。

色んなタイプの手帳があって、なかなか選べないのですが💦、個人的に気になった手帳ブランドを2つ調べてみました。

目次から飛ぶ

①アメリカにもある!ほぼ日手帳

ほぼ日刊イトイ新聞より画像を参照
参照:Techo – Hobonichi Techo 2024 (1101.com)

まずは、ほぼ日手帳!

なんと、2017年からアメリカの「Amazon.com」内で販売されているんです(→ストアはこちら。

アメリカでは、HOBONICHI TECHOという名前で展開されており、人気急上昇中!

アメリカの週刊誌New York MagazineのウェブマガジンThe Strategist The Best Planners 2023 | The Strategist (nymag.com)で、Best planner overallに輝くほど!

2023年から英語版のラインナップを増やしたそうで、シンプルなものから、

HONタイプのもの↓まで

アメリカでも、日本のように自分に合う1冊が選べそうです!


ほかにも、ほぼ日ノオト(HOBONICHI NOTE)やほぼ日のアースボールの英語版Hobonichi Globe↓なんかも発売されています。

\Hobonichi Techoの商品をチェックする/

②リーズナブルでデザインが豊富な手帳なら…Blue Skyのスケジュール帳

Blue Skyの公式サイトより画像を参照
参照:Blue Sky | 2024 Daily, Weekly, and Monthly Planners

もう1つ気になっているのが、おしゃれなものからシンプルなものまでデザインが豊富なBlue Skyの手帳。

以下の商品のように↓リングタイプなので、使いやすそうなのも良し。

サイズやタイプによって値段は変わりますが、$20前後で買えるものが多そうなのが◎。

ただし、サイズが日本でよく見かけるサイズとは違うので悩み中…。

主なサイズ展開は以下の2種類。

  • 8.5×10インチ 
    • 21.59×25.4cmなので、A4とA5の間くらいのサイズかな…。
  • 5×8インチ
    • 12.7×20.32cm。B6サイズよりも少し大きめのサイズだと思う。

\Blue Skyの商品をチェックする/

子供向けの手帳なら…アメリカの学生用のプランナーもあり!?

School Databooksの公式サイトより画像を参照
参照:Student Planners | School Datebooks | Get a Quote

アメリカの学校で使われているプランナーといえば、School Datebooks

アメリカで子育て中の方は、お子さんが下記のようなプランナーに学校の宿題や行事などを書きこんで使っていませんか?

School Databookの小学生向けのプランナー。
参照:CHARACTER COUNTS! Elementary 24-25 – School Datebooks

画像は、3rd Gradeから5th Grade向けのプランナーです。

勉強に役立つTIPや読んだ本を書き込む欄があったり、学生向けに特化したプランナーなので、個人向けに販売していないと思っていましたが、なんと普通に販売されていました。

ただし、学生向けなので、1月ではなく7月始まりのプランナーです。

例えば、↓の商品は2023年7月2日~2024年6月末までの手帳になります。

アメリカのアマゾンだと、$13くらいで購入可能です。

\School Datebooksの商品をチェックする/

まとめ

手帳は1年間使うものなので、どれを買うか、なかなか決められず…。

とはいえ、2024年も間近に迫っているので、

新年に間に合うよう新しい手帳を早めにゲットしたいと思います。

シェアして頂けると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アメくまのアバター アメくま 管理人

2018年から小学生とアメリカ西海岸で暮らしてます。
これまでに知ったこと、学んだことなどを活かして、アメリカでの教育や暮らしに役立つ情報を発信中です。
お仕事の依頼・ご質問は「お問合せ」まで。

目次から飛ぶ