大人だけじゃない?子供も活用したいKindle Unlimited

『カンゼンのこどもシリーズ』は親子で使える専門書(SDGs、経済学…)

「カンゼンのこどもシリーズ」は、親子で使える専門書なわけ
  • URLをコピーしました!

※当サイトはアフェリエイト・Google AdSenseによる広告を掲載しており、その利益をサイト運営に使用しています。

カンゼンのこどもシリーズ』は、親子で読んで学べる社会学習本。

学校では習わないけど、子どもたちが将来社会にでたときに、必要になることが学べるシリーズ。

この記事では、『カンゼンのこどもシリーズ』とは何か、シリーズで学べること、おすすめする理由を解説していきます。

目次から飛ぶ

『カンゼンのこどもシリーズ』は、どんなテーマを取り上げているの?

株式会社カンゼンのHPにあるこどもシリーズの紹介画像。
参照:https://www.kanzen.jp/

カンゼンのこどもシリーズ』は、こんな見た目の本!

本屋さんで見たことある方も多いのではないでしょうか?

2023年3月1日時点で、発売されているシリーズは、計11冊。

カンゼンのこどもシリーズ』で学べることを一覧にしてみると…。

こどもシリーズで学べることは、経済、バイアス、行動経済学、倫理学、宗教、プログラミング、 ロジカル思考、SDGs、地政学、統計学と盛り沢山!

うんうん、とっても興味が惹かれる内容ばっかりです~。

プチ情報

2022年3月1日現在、『こどもSDGs』、『数字でわかる!こどもSDGs』、『こどもロジカル思考』は、Amazonキッズプラスで読み放題の対象となっています。

Amazonキッズプラスは、図鑑や学習漫画、こども文庫などが読み放題の3-12歳向けの本などの読み放題サービスです。

\1か月の無料体験期間あり/

さらに…

『こども倫理学』は、Kindle Unlimited 読み放題の対象になっています。

大人向けの本ばかりではなく、こども向けの本も結構あるので、我が家はAmazonキッズプラスKindle Unlimited 読み放題の両方を利用しています♪

\初めて利用の場合は30日間の無料体験あり/

『カンゼンのこどもシリーズ』をおすすめする理由

我が家にある『カンゼンのこどもシリーズ』の写真です。
我が家にある『カンゼンのこどもシリーズ』

カンゼンのこどもシリーズ』をおすすめする理由をまとめてみると2つ。

  • 専門書なのに、子供向けなこと
  • 大人も一緒に学べるのでお得

『カンゼンのこどもシリーズ』は専門書なのに、こども向け

こども〇〇というタイトルのように、『カンゼンのこどもシリーズ』はこども向け」に書かれています。

なので、出てくる全ての漢字にルビがついています。

ルビありだと、低学年でも読めちゃいますよね。

内容も、もちろん「こども」目線で書かれています。

例えば、ロジカル思考では「三角ロジック」、「PREP法」、「SCAMPER」という言葉が並びます。

まるで大人向けのビジネス書みたい…。

でも、さすがは、こどもシリーズ。

「おこづかいをあげてほしい」という、こどもならではの例を元に解説してくれます。

日常生活にあるようなシチュエーションなので、こどもがイメージしやすいんです。  

『カンゼンのこどもシリーズ』は、大人も一緒に学べるのでお得

大人のビジネス書で出てくるような内容を『カンゼンのこどもシリーズ』は、分かりやすく教えてくれます。

言い換えれば、大人も一緒に学べる本。

実際に、書店さんではビジネスコーナーに『カンゼンのこどもシリーズ』を置いてあることもあるそう。

カンゼンの児童のTwitterより

こどもに買ってあげるついでに、親も学べちゃう、お得なシリーズ!

また『カンゼンのこどもシリーズ』の本には、「考えてみよう」という項目がページごとにあるんです。

例を挙げてみると…、『こども倫理学』では、こんな問いかけがあったりしますよ~。

カンゼンの児童のTwitterより

『カンゼンのこどもシリーズ』の中で、おすすめの本は?

現在、発売中・発売予定なのは、こちら。

どれも面白そうなタイトルですが…

カンゼンのこどもシリーズ』の中でも、特に子供と一緒に盛り上がったのが、この2冊!

こどもSDGsと行動経済学の表紙写真。
我が家のお気に入り本

こどもSDGs(エスディージーズ) なぜSDGsが必要なのかがわかる本』。

近年、よく聞く言葉の「SDGs」。

言葉は知ってるけど、実は私も詳しく知らなかったので、一緒に学ぶことができました。

ほかにも、個人的に面白かったのが、こども行動経済学 なぜ行動経済学が必要なのかがわかる本

なぜ人間はよくわからない行動をしてしまうの章で、共感ポイントが子供と一緒でした。

親子で同じ本を読んで、感想を言い合えるのって、ちょっと嬉しい!

アメくまのTwitterから

著:バウンド, 監修:犬飼佳吾
¥1,430 (2024/02/28 16:02時点 | Amazon調べ)

まとめ

この記事では、『カンゼンのこどもシリーズ』をご紹介しましたが、「読みたい!」と思う1冊は見つかりましたか?

まだ我が家もシリーズを全制覇できてません。

今後は、まず『こども世界の宗教』、『こどもバイアス事典』をゲットしたいと思っています!

シェアして頂けると嬉しいです♪
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アメくまのアバター アメくま 管理人

2018年から小学生とアメリカ西海岸で暮らしてます。
これまでに知ったこと、学んだことなどを活かして、アメリカでの教育や暮らしに役立つ情報を発信中です。
お仕事の依頼・ご質問は「お問合せ」まで。

目次から飛ぶ